【ゲーム関連株日記】さらに下落していた【その11】

 昨日、今日でまた保有銘柄の株価が100,000円分も下がっていた。実現損益と含み損益の合計がついに-600,000円を超えた。着々と損失を増やしていっている。

【ゲーム関連株日記】株式用語【その10】
保有銘柄の「評価損益額」昇順

 この一週間、イマジニアは -97,630 ➜ -118,604 ➜ -195,500 と一方通行で落ち続け、西松屋は -34,174 ➜ -7,000 と一旦プラスに戻れるかと思うところまで上がってきて、 -7,000➜ -99,890 と一気に落とされた。他もENEOS以外は落ちている。タカラトミーなんてそんな落ちるような何かがあるとも思えないが、落ちている。

手放した株は上がる

 その一方で、途中で手放した株の価格は着実に上がっていっている。もし買い増す銘柄、手放す銘柄が逆だったら、600,000円を超える損失にはなっていなかった。悔しい思いはあるが、切り分けて考えると、「買い増すことで損失を大きくした」ことと「手放すことで利益を得られなかった」ことは全く別の事で、まとめて悔しがることはないんだという境地に至った。

 やり方によっては得られたはずの利益を得られないと、損をしたような気分になるが、私の中ではそれは違うんだと考えるようになった。

 ビジネスマンなら、得られたはずの利益を得られなかったら、損失と同じだという考え方になるだろう。機会損失という言葉もあるくらいだ。しかし、私はビジネスマンではない。常に利益を求めて生きているわけではない。株式投資も面白いからしているだけだ。余計なことをして損失を出したことは悔しがりもしようが、するべきことをせずに利益を得られなかったからと言って悔しがったりする必要はないんだ。

機会損失耐性を手に入れた!

 これにより私は「『損失を出した』ことと『利益を得られなかった』こととは同じことではないため、同じように苦しむ必要はないんだ」というメンタルの強さを手に入れた。

 ゲーム風に表現するなら、「機会損失耐性のパッシブスキルを手に入れた」といったところだ。

 ここ3ヶ月で、メンタルの強さばかりを手に入れていて、一向に利益につながらない。

その10へ

一覧へ

その12へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です