第161回芥川賞&直木賞受賞作品発表!

げいむすきお
 第161回芥川龍之介賞と第161回直木三十五賞の選考委員会が2019年7月17日(水)午後4時より築地・新喜楽で開催され、受賞作品が決まりました。公益財団法人日本文学振興会のサイトで発表されています。
第161回芥川賞&直木賞候補作品発表!

第161回芥川龍之介賞受賞作品

 第161回芥川龍之介賞は今村夏子著「むらさきのスカートの女」に決まりました。

作者の受賞までの経歴・受賞歴
出来事
1980出生(広島県広島市安佐南区)
2010第26回太宰治賞:『あたらしい娘』(のちに『こちらあみ子』に改題)
2011デビュー、第24回三島由紀夫賞:『こちらあみ子』
2016第155回芥川賞候補、第5回河合隼雄物語賞受賞:『あひる』
2017第157回芥川賞候補、第39回野間文芸新人賞、第15回本屋大賞第7位:『星の子』
『むらさきのスカートの女』今村夏子【ネタバレなし】怪物は誰だ。

第161回直木三十五賞受賞作品

 第161回直木三十五賞は大島真寿美著「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」に決まりました。

作者の受賞までの経歴・受賞歴
出来事
1962出生(愛知県名古屋市)
1992デビュー、第74回文學界新人賞:『春の手品師』
2011第9回本屋大賞第 3 位:『ピエタ』
2014第152回直木三十五賞候補:『あなたの本当の人生は』
げいむすきお
 第161回芥川賞、直木賞ともに女性が受賞されました。第161回直木三十五賞の候補作品の作者は全員女性だということで話題になっていましたが、これから先は性別の偏りが話題になることはないでしょう。なるとしたら、芥川賞候補全員が女性、両賞全員が男性であるとか女性であるとかでしょうね。と、いいつつ、正直な話、作者が女性か男性かはあまり興味のないところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です