【スプラトゥーン2】調子が悪い時なんてない【随想録33】

 インクに潜りながら、こう考えた。
 攻めに攻めてもしのがれる。守りに徹せど崩される。裏取りしてたら全滅だ。とかくにガチマは勝ちにくい。
 勝ちにくさが高じると、安い所で戦いたくなる。どこで戦っても勝ちにくいと悟った時、ツイートが生れて、ブログが出来る。

¥5,985 (2021/11/30 06:27:16時点 楽天市場調べ-詳細)

「今日は調子が悪いからこの辺でやめよう」
 私がいつか言ってみたいセリフの一つだ。
 連敗していようが、エイムが合わなかろうが、まだやりたいのにやめるなんて選択肢がないのでそもそも言うことはないが、主に言いたいのはそっちではなく「調子が悪いから」の方だ。
 私には「調子が悪い」なんてときはない。「調子がいい」か「いつもの調子で連敗する」かのどちらかだからだ。

 今の私の実力では「調子が悪い」なんておこがましいことはとてもじゃないが言えない。負けが込んできたからといって「調子が悪い」と言おうものなら「調子が悪い? はは、いつもとどう違うんだ? 味方の足を引っ張って、負けたバトルの反省を次に生かすこともできずに、いつもの通りに負け続けているようだが? 調子が良かったら勝てていたとでもいうのか?」と心の中で自分をなじる自分があらわれる。そして「そうか。いつもいつも何度も何度も負けているんだから、何も違いはない。調子如何にかかわらず、勝てはしなかった。なぜ、調子が悪いなぞと言ったのだろうか」と恥ずかしい気分になる。

 しかし、今回はさすがに調子が悪いといってもいいんじゃないかと思っている。3月に入り、月初めの結果発表でホコがS+9に落とされた。

 ヤグラとアサリは先だってS+9に落とされ、Xに戻ろうとしてもがいた結果S+8に落とされた。さらにホコもXに戻ろうと、必死に戦ったのだが結果が下の画像だ。

 5勝15敗程度ならわりとあるが、二時間でXからS+7まで三段階も落ちるのは珍しいんじゃないだろうか。これはもう真剣にやった2時間でどれだけ落ちられるかの限界に挑戦しているといっても過言ではない。

 現在はエリアがX、ヤグラとアサリがS+8、ホコがS+7。

 全ルールXとなるためには、ウデマエをあと合計7回上げなければならない 。去年の12月の中頃、アサリがS+3、他の3つのルールはXで、同じく「合計7回上げれば全てX」という状態だったので、二か月半前まで戻ったということになる。二か月半、ただ寝ているだけでも良かったということだ。
 しかも二か月半前なら「武器が悪いんじゃないか」と疑うこともできたが、 今は使い慣れているプライムシューター(当時はコラボで今は無印)が、メイン性能アップのおかげで強い武器扱いになっており、まさにそれを使っている私は「武器が悪い」ということもできない。

 ただ「状況が悪かった」と思うところがないではない。

 月初めの結果発表で、私と同じようにXパワー1900台をかろうじて保っていたかりそめのXの人たちが、みんなS+9に落とされている。そのため、S+帯に”前日までXパワー1900台だった”人たちがひしめきあっていただろうと思う。
 それならXパワーが実質1800程度しかないような私では勝てなくて当然だ。

 月初めのS+帯で勝てるようになるためには、Xで戦えるだけの実力をつけなくてはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です