【ファイアーエムブレム風花雪月】プレイ日記6日目

5月31日

 ついに5月31日がきた。生徒たちにとって初めての実戦の日だ。「さあ、戦おう」と準備を始めたら、私の心の中の少女が話しかけてきた。

天刻の拍動

 今まで言っていなかったが、実は私の中にはソティスという謎の少女が住んでいて、時々話しかけてくる。プレイ日記01日目で夢に出てきた少女だ。

【ファイアーエムブレム風花雪月】プレイ日記1日目

 彼女には時を巻き戻す能力があるのだが、それを私にも使わせてくれるというのだ。「小童どもを引き連れての戦いか……小童が目の前で苦しむのも目覚めが悪いのう」ということらしい。当然、小童とは生徒たちのことだ。

 どうやら、戦闘中の好きな時に、好きたところまで巻き戻すことができるようだ。

 重要な場面で98%の命中率なのに攻撃を外したり、2%の必殺率なににクリティカルダメージをくらったりするのがファイアーエムブレムである。非常にありがたい機能だ。その機能がなければどうせリセットするしな。「死んだらリセット」もまたファイアーエムブレムだ。この機能は手間がはぶけていい。「キャラが死んだらリセットする」というメタ行動を設定に落とし込んだということだろうか。

実際の使用画面

 左下に使用できる残り回数が出ている。今は3回まで使えるようだ。そして、どこまで巻き戻すのかを右側のログをみて決める。

 1ターン丸ごと巻き戻すのかな、と思って使ったら、1キャラ1行動ずつの選択肢になっている。

 例えば「フェリクスが攻撃して、アッシュが攻撃して、メルセデスが攻撃して、げいむすきおが攻撃してターンを終えたら、敵のターンでアッシュがやられた」とする。それなら、アッシュの攻撃まで戻して、攻撃させずに後ろの方に下げてもいいし、もしくは、メルセデスの攻撃まで戻して、攻撃させずにアッシュに回復魔法を使ってもいいということだ。

赤き谷の討伐戦 白雲の章 EP.2 追懐の風景

 前回、マップの全体像を見ずに始めてしまい、わけもわからず戦力を無駄に分割したせいで、個別撃破され、敗北を経験してしまったため、今回はちゃんと全体マップを見てから始めることにする。同じ過ちを繰り返したくはない。

 今回は素直にまっすぐ北に向かって進撃すればよさそうだ。と、思っていたら……

 またディミトリが出しゃばってくる。「西側に裏道があるらしいから、二手に分かれるのはどうだろう」との提案だ。そうなの? と思って地図を見直すと、確かにマップ中腹の西の方に1マスの幅しかない道がある。

 こんなところ使う意味はないんじゃないか? と思い、ディミトリの提案を無視して戦いを進めたところ、使うまでもなく楽勝だった。

 今の私たちの戦力を知っているディミトリが、このマップで「二手に分かれるのはどうだろう」と提案してくるとは、ディミトリの戦術を立てる能力は一体どうなっているんだ。

 学級対抗戦でディミトリが「先生の指揮のおかげで勝てた」というようなことをいっていたが、お世辞でいっていたわけではないのかもしれない。

7日目へ

日記一覧へ

5日目へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です