第164回芥川賞&直木賞候補作品発表

げいむすきお

 第164回芥川龍之介賞と第164回直木三十五賞(2020年上半期)の候補作品が公益財団法人日本文学振興会のサイトで発表されました。


 芥川賞は5作品が候補に挙がっています。今回は3人が初ノミネートです。宇佐見りん尾崎世界観木崎みつ子が初ノミネートで、砂川文次は、『戦場のレビヤタン』(第160回:2018年下期)に続く2回目の候補入り、乗代雄介は『最高の任務』(第162回:2019年下期)に続く2回目の候補入りです。


 直木賞は6作品が候補に挙がっています。芦沢央(あしざわ よう)伊与原新(いよはら しん)加藤シゲアキ(かとう しげあき)西條奈加(さいじょう なか)坂上泉(さかがみ いずみ)長浦京(ながうら きょう)の6人全員が初ノミネートです。


 選考会は2021年1月20日(水)午後3時から、東京・築地「新喜楽」で行われるとのことです。


選考委員は芥川賞小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、堀江敏幸、松浦寿輝、宮本輝、山田詠美、吉田修一の9人。


 直木賞浅田次郎、伊集院静、角田光代、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部みゆきの9人となっています。
どう違うの? 「芥川賞」と「直木賞」

第164回芥川龍之介賞候補作品

作品名著者掲載誌月号
推し、燃ゆ宇佐見りん(うさみ りん)文藝秋季号
母影尾崎世界観(おざき せかいかん)新潮12月号
コンジュジ木崎みつ子(きざき みつこ)すばる11月号
小隊砂川文次(すなかわ ぶんじ)文學界9月号
旅する練習乗代雄介(のりしろ ゆうすけ)群像12月号

選考委員
小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、松浦寿輝、堀江敏幸、平野敬一郎、山田詠美、吉田修一
選考委員芥川賞受賞作品受賞回
小川 洋子妊娠カレンダー第104回(1990年下期)
奥泉 光石の来歴第110回(1993年下期)
川上 弘美蛇を踏む第115回(1996年上期)
島田 雅彦なし(候補に挙がったのは計6回)
堀江 敏幸熊の敷石第124回(2000年下期)
松浦 寿輝花腐し第123回(2000年上期)
平野 敬一郎日蝕第120回(1998年下期)
山田 詠美なし(候補に挙がったのは計3回)
吉田 修一パーク・ライフ第127回(2002年上期)

第164回直木三十五賞候補作品

作品名著者出版社
汚れた手をそこで拭かない芦沢央(あしざわ よう)文藝春秋
八月の銀の雪伊与原新(いよはら しん)新潮社
オルタネート加藤シゲアキ(かとう しげあき)新潮社
心淋し川西條奈加(さいじょう なか)集英社
インビジブル坂上泉(さかがみ いずみ)文藝春秋
アンダードッグス長浦京(ながうら きょう)KADOKAWA

選考委員
浅田次郎、伊集院静、角田光代、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、三浦しをん、宮部みゆき
選考委員直木賞受賞作品受賞回
浅田 次郎鉄道員第117回(1997年上期)
伊集院 静受け月第107回(1992年上期)
角田 光代対岸の彼女第132回(2004年下期)
北方 謙三なし(候補に挙がったのは3回)
桐野 夏生柔らかな頬第121回(1996年上期)
高村 薫マークスの山第109回(1993年上期)
林 真理子「最終便に間に合えば」「京都まで」第94回(1985年下期)
三浦 しをんまほろ駅前多田便利軒第135回(2006年上期)
宮部 みゆき理由第120回(1998年下期)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です