【スプラトゥーン2】思索の時間【随想録21】

 あと一勝でガチエリアがS+9になる。そのタイミングで「お湯張りが終了しました」と、給湯器からアナウンスが聞こえてきた。お風呂のお湯がたまったようなので、あと一勝したらお風呂に入ろう。そう思った途端に九回連続で敗北。当然、S+9になるどころではない。S+7に降格だ。

 十連敗は阻止できたものの、今お風呂に入ってしまうと、OKラインを越えずに終わってしまう。すでにその時点で一時間以上が経過しており、ここでお風呂に入ったらガチエリアの時間が終わってしまう。

 次に始めたときにこんな中途半端なところから始まるのは気持ちが悪い。とりあえず、OKラインを越えたら終わろう。

 ようやくOKラインを越えたら、すでにヒビが三つ入っていた。次に始めた時にすぐに割れるところからスタートとなると気分が良くない、割れたら終わろう。

 結局二時間フルに戦って、7勝16敗で終わった。

 一体何が悪かったのだろう。なぜ、九連敗もすることになってしまったのだろう。
 お風呂のお湯はすっかりぬるくなり、ゆっくりと思索に耽るのに適した温度となっていた。

随想録22へ

随想一覧へ

随想録20へ

2 COMMENTS

アバター けんちゃん?

ブログ読ませていただきます。連勝記録も知りたいです。宜しくお願いします。

返信する
げいむ すきお げいむ すきお

けんちゃん?さん、ありがとうございます。連勝記録は考えたことがありませんでした。多分、6連勝位でしょうか。
S+9からXに上がるときは、いつも「私は覚醒した。負けるところが想像できない」と思うくらいに勝たないといけない感じがしているんですが、実際みると大抵5連勝位したら一回負けています。
次に連勝することがあったら、スクリーンショットで記録を残しておこうと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です