吾輩は今、キメラキラパン天地僧にて、聖守護者と戦う準備をしておる。

【短編小説】~プロローグ~ウェルナーからの依頼

 吾輩はげいむすきおである。
 先日、ウェルナーを訪ねた時のことである。いつも通りにメダルをもらいに行っただけなのであるが、もらった後に少しばかり変わった依頼を受けたのである。貴公にも手伝って欲しいので、その時のウェルナーの話を聞いてもらいたい。

げいむすきお

一応言っておくであるが、ウェルナーはラッカランの島主ゴーレックの隣に立っておる執事じゃない方の奴であるぞ

ウェルナーからの依頼

「冒険者の方 こんにちは!
 私は 各国連合モンスター討伐隊
 隊長の ウェルナーというものです!
          

「我が討伐隊では
 多くのモンスターを倒した
 冒険者に 小さなメダルを支給しています。
          

「では さっそく 戦果確認のため
 せんれきを 見せていただけますかな?
 
          

いいえ

「ふむ。では 確認させていただきます……。
 
 
          

「……
 
 
          

「討伐数が 目標数に到達したモンスターは
 討伐モンスターリストの 名前の所に
 メダルのマークがつきます。
          

「メダルが ついているモンスターがいたら
 また お越しください。なお 受け取り済みの
 モンスターには 王冠のマークが つきますぞ。
          

「……と ここまでがいつものお仕事ですが
 今日は もう少しばかり お付き合いを
 していただいても よろしいですかな?
          

「ちょっとしたお願いが あるのです。
 数々のモンスターを 討伐してきた
 あなただからこそ 頼めることです。
          

「これだけ 沢山の魔物を倒していたら
 楽しい事も 苦しい事も あったでしょう。
 それをお聞かせ 願いたいのです。
          

「実は私もむかし 今のあなた同様に
 モンスターを 倒す旅を していました。
 
          

「それが何の因果か こうして
 討伐隊隊長となり 討伐依頼や
 モンスター討伐数を管理する毎日。
          

「これはこれで 充実しているのですが
 かつての 熱い冒険の日々を 思い出すことが
 あるのも また事実。
          

「そこで 冒険の旅に出られない分
 現役の方の 血湧き肉躍る冒険譚を
 集めて 楽しむことにしたのです。
          

「冒険をしていると 色々あると思いますが
 その中でも モンスターが関わるものを
 聞かせていただけたら非常に嬉しいのですが……。
          

「私達 モンスター討伐隊は 倒した数に応じて
 メダルを支給したり 討伐対象と討伐数を
 指定した依頼で 報酬を出したりしています。
          

「そのため モンスター討伐数を需要視し
 誰がどれだけの モンスターを倒したかを
 管理しているのは 確かにその通りです。
          

「しかし タコメットを 5万匹倒した だとか
 バザックスを 1万匹倒した だとか言っても
 それはただの記録に 過ぎません。
          

「たった1回の 戦いであっても
 1万回の戦闘に負けない様な 熱い物語が
 潜んでいることも あると思うのです。
          

「誰が どんなモンスターと戦かったのか。
 どういった 血や汗や涙が 流れたのか。
 
          

「そこには どういう思いがあったのか。
 戦いの行方は どうなったのか。
 
          

「そういった戦いの物語を教えてください。
 その物語はきっと 駆け出しの冒険者には
 戦いの参考に なるはずですし
          

「もしかしたら 子供たちが 冒険者を目指す
 きっかけに なるかもしれません。
 
          

「あと それとは別に モンスターの習性や行動を
 教えていただけたりすると 討伐隊の
 今後の活動の参考になり 助かります。
          

「そしていつかは ウェルナー監修の
 エピソード付きモンスター図鑑が
 作れたらいいなと 思っています。
          

「どうでしょう?
 お聞かせ願いますかな?
 
          

  はい  

「どうかそんなことを おっしゃらずに
 よろしく お願いしますよ。
 
          

  はい  

「どうかそんなことを おっしゃらずに
 よろしく お願いしますよ。
 
          

いいえ

「ありがとうございます。
 これは 討伐隊からの 依頼ではなく
 あくまでも 私個人からの依頼です。
          

「そのため 報酬はありません。
 ただ 何も無いというのも 寂しいので
 晩飯位は奢らせてもらおうかと 思っています。
          

「もちろん お酒も飲んでくださって
 かまいません。お話が面白ければ
 飲み放題も付けましょう。
          

「さらに良いお話でしたら 女の子のいるお店に
 行っても いいかもしれませんね。
 
          

「男性に接待される方がいい というのなら
 それでもいいですよ。そういうお店に
 連れていって 差し上げましょう。
          

「どうですか? やる気は出てきましたか?
 それでは どうぞ よろしくお願いします。
 
          

 
 そういう話である。
 血湧き肉躍る冒険譚を聞かせて欲しいなどと簡単に言うであるが、人に聞かせるほどの話はそうそうあるものではないのである。それもモンスターの話を絡ませるとなると、なかなか難しいであるな。

 この依頼を受けた時、吾輩のチーム『スライムテイル』内でそんな話はないだろうな思いつつ募集してみたのであるが、意外と、メンバーで条件に当てはまる話がいくつかあるようであったため、とりあえずチームメンバーの話をウェルナー隊長に聞かせてやろうと思っておるのである。
 しかし、ウェルナーは図鑑ができるほどの多くのモンスターの話を求めておるようであるため、もし、皆の中でも何かいい話があるようであれば、教えてほしいのである。

 ウェルナーの話は長かったであるが、要は「モンスターが話の中心にいる物語がほしい」ということである。
 なにか良い話があるようなら、アストルティアで直接吾輩に声をかけるか、ここのコメント欄、twitter、冒険者の広場等で教えてくれればよいのである!

ブログランキングバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。