吾輩は今、キメラキラパン天地僧にて、聖守護者と戦う準備をしておる。


はじめに

げいむすきお

まずは吾輩の自己紹介からである。

吾輩はげいむすきおである。勇者げいむすきおである。
残念ながら、吾輩のことを知る者はごくわずかである。
ましてや、吾輩のことを勇者と認める者に至っては一人もおらぬ。

──いまはまだ。

おそらく貴公も吾輩のことを全く知らぬであろう。
だが、今、知った。知ってしまった。
少しでも知ってしまったならば、さらに知りたくなったはずである。
さらに知りたくなったならば、ここに書かれておる吾輩の記録を読むと良い。
吾輩の記録を読んだならば、認めざるを得なくなるだろう。

げいむすきおは勇者である、と。

まあ、認めぬなら認めぬで良い。
貴公が認めようが認めまいが、吾輩が勇者であることは揺るぎない事実であるからな。

げいむすきお

各カテゴリーの説明をするのである。
 このブログは特にメインテーマというようなものを決めておらぬ。そのため、色々なカテゴリーの記事がごちゃごちゃと混在しており、どこから読んでいけばよいかわかりにくいと思う。吾輩自身も「どこどこから読めばよい」という形では勧めにくい。よって、各カテゴリーを吾輩が解説していくので、興味を引かれるものがあれば、そこから読んでほしいのである。

カテゴリー紹介

短編小説

 吾輩のチーム『スライムテイル』のメンバーによる冒険譚である。オリジナルストーリーである。なるべくドラクエ10らしいシステム、特技、呪文、アイテムなどを出していきたいと思っておる。公式の設定と矛盾しない様にしつつ、それらしく登場させるのである。あと、メジャーなNPCとの絡みはないようにしておる。後から公式のストーリーが出てきて、吾輩の書いたものと公式の設定とが矛盾してしまうことを避けるためである。逆にマイナーなNPCで『恐らく公式でこのNPCのことがこれ以上掘り下げられることはないだろう』と思われるNPCに関しては出すのである。
短編小説を見に行く

冒険記

 名前だけはそれらしく冒険記と付けておるが、ただの日記である。勇者にとって、日常とは冒険の連続であって、冒険とは勇者の日常そのものであるため、間違いではなかろう。他のどのカテゴリーにも属さないような記事は、全て冒険記ということにしておるので、言ってしまえば、カテゴリー分けのゴミ箱である。
冒険記を見に行く

クエスト

 攻略したクエストを小説の形態にしておるのである。完全にネタバレを前提としたカテゴリー。小説の形態にするにあたって、吾輩なりのルールがある。それは「NPCのセリフはいじらない」「出てきたセリフは全て書く」という事。ネタバレするならとことんである。あとから「あのNPCはどういうことを言っていたかな?」と思った時に確認できるようにしたい。資料的価値のあるものにしたいと思っておるのであるぞ。言葉の改変はせぬが、読みやすいように、句読点を付けたり、数ページに分かれておるセリフを繋げて書いたりはするのである。また、言葉に対して吾輩なりの解釈で、吾輩の思いや行動を書いておる。それらの点から、言葉自体は一緒であっても、受ける印象が変わってしまうかもしれぬので、もし、あまりにおかしい解釈や間違った解釈をしておるようであればこっそり指摘してほしいのである。
クエストを見に行く

コラム

 時事ネタやその時思ったことを何となく書いておる。このブログの中では唯一役に立つ記事があるかもしれないカテゴリー。ただし、書いた時に思っていたことであるので、書かれてから時間が経った後に読むと、仕様が変わっておるかも知れぬし、流行り廃れの早いアストルティアであるため時代遅れなものになっているかも知れぬ。
コラムを見に行く

世界の人々

 冒険の旅の中で出会った人々について記しておる。PCとNPCとはきっちりと分け、それぞれ意味合いの違う記事にしておる。PCはそのPCの魅力が伝わるようにしつつ、内輪ウケにはならずに誰が読んでも面白いように気を付けつつ紹介するのである。NPCは街の観光案内的にどこにどんなNPCがいるのかを、なんとなく紹介するのである。
世界の人々を見に行く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。