吾輩は今、キメラキラパン天地僧にて、聖守護者と戦う準備をしておる。

【冥骸魔&獣魔】キラーパンサーの装備

 吾輩は今「冥骸魔レギルラッゾ&獣魔ローガスト」を倒すために必要なものを調べておるところである。
 
 今日はキラーパンサーの装備を調べた。まず当面の目標は強さ1の討伐であるが、最終目標は強さ3の討伐である。そのため強さ3を想定して、装備を決めたのである。
 結論から始めて、なぜその装備で、その錬金効果や合成効果なのかを書く。

キラーパンサーの装備

みぎてマガツ鳥のツメ
かいしん率、
MP消費しない率
ひだりて
アタマスターダムハット
おびえガード+100%、
最大MP+
からだ上スターダムスーツ呪いガード+100%
からだ下エトワールコート下混乱ガード+100%
ウデスターダムブレスMP消費しない率+
スターダムシューズ身かわし率+
顔アクセ機神の眼甲伝承&合成不要
首アクセきんのロザリオ
伝承:致死ダメージ時 5.0%で生存、
合成不要
指アクセソーサリーリング最大MP+
胸アクセアヌビスのアンク最大MP+
腰アクセ戦神(輝石)のベルト
雷攻撃(特技)ダメージ+、
(MP消費しない率、
最大MP+)
札アクセ不思議のカード
最大MP+、
すばやさ、
きようさ
他アクセまよけのすず最大MP+
職業の証絆のエンブレム改
絆時100%で聖女の守り、
絆時80%でまもりのきり

なぜ、その装備なのか

 キメラの装備を調べた時と同様に、全部、どこかの受け売りであることを断っておくのである。

キラーパンサーの役割について

 キメラはまだ、聖女の守り、天使の守り、ザオラルと三つすることがあったが、キラーパンサーはたったのひとつ。いなずまのみ。他の特技は設定で使用しないようにしておくのである。
 ひたすらいなずまをするだけなので、すばやさを上げて攻撃回数を増やしたいところである。ついでに言えばかいしん率を上げて、ダメージアップもはかりたいところである。
 
 最大MPがそれほど高い訳ではないためすぐにMPが枯渇してしまう。そのため、MP消費しない率もつけたいところであるが、かいしん率と錬金効果のつく場所がかぶるため……。
 そのことに関しては「武器について」の欄で書くのである。

武器について

 マガツ鳥のツメを選んだのは基礎効果の全ての攻撃ダメージ+3.0%のためである。こうげき魔力依存のいなずましかさせぬため、こうげき力は関係ないので、最新の高レベル武器は必要ない。
 問題は錬金効果をどうするかである。
 
 キメラは武器とウデにMP消費しない率と呪文発動速度と、どちらを付けるかで迷った。今度はMP消費しない率とかいしん率とで迷うのである。
 迷った末に、基本はMP消費しない率で行こうと思うのである。ウデはそれで良いのであるが、武器はツメであるため、スティックと違いMP消費しない率はパルプンテでしかつかない。狙ってつけられない分、バザーでの価格も高い。白宝箱で良いのが出ればそれで良いが、出ないなら無理せずにかいしん率を買うことにするのである。

防具について

 スターダムセットは、セット効果のコマンド間隔 -0.5秒と、スターダムハットとスターダムスーツのこうげき魔力が目的である。
 
 いなずまのダメージはこうげき魔力依存で、200までは、こうげき魔力に比例して高まっていく。しかし、200を超えたあとは500でも、1000でもダメージは変わらぬという話である。こうげき魔力が200を超えることが出来て、良いセット効果がついているものは何かとなると、スターダムセットなのである。

 ちなみにスターダムセットはからだ下がない。上の表には見栄を張って、エトワールコート下と書いておいたのであるが、倉庫を探して混乱ガードが付いている装備があれば、それを着せようと思っておる。

耐性について

 ツメは両手を使うため、盾が装備できない。キメラにブレス耐性の装備がいらないのと同じ理由で(中途半端な耐性があっても意味がないので)いらぬ。
 ブレスはくらうこと前提であるため、冥骸魔レギルラッゾの絶対零度に付随するおびえと、ダークネスブレスに付随する呪いに対する耐性がいる。
 また、獣魔ローガストの魔蝕に付随する幻惑と呪いと混乱に対する耐性も必要となる。
 いなずまは幻惑状態でも問題がないため、最終的に必要な耐性はおびえガード、のろいガード、混乱ガードの三つとなる。

 結局のところ、キメラと同じで頭におびえガードからだ上に呪いガードからだ下に混乱ガードである。スターダムセットにからだ下はないので、好きな装備のからだ下に混乱ガードをつければ良い。

アクセサリについて

 顔アクセは、悩みどころであるな。死神のピアスか機神の眼甲かで迷うのである。
 死神のピアスの〇%で行動ターンを消費しないで攻撃回数を直接的に増やすか、機神の眼甲の味方死亡時〇%で聖女の守りで死なないようにして、攻撃回数を減らさないようにするか。キメラがひきよせの鈴を装備し、比較的死にやすいようにしているため、ここは味方死亡時の効果に期待することにするのである。
 よって、機神の眼甲の味方死亡時〇%で聖女の守りである。
 
 首アクセは、当然の様にきんのロザリオ。基礎効果の致死ダメージ時生存確率+20%によって、生き残ることを目指す。合成効果で欲しいものはないのであるが、伝承で致死ダメージ時 5.0%で生存を付けて、効果を増強させる。
 
 指アクセ、胸アクセは強く必要なものがないため最大MPを稼いでおく。
 
 腰アクセは、明確に必要なものがある。「いなずま」のダメージを増加させるものが必要である。いなずまは名前通りに雷属性であるため、戦神のベルトであれば、ツメ装備時雷ダメージ+13%。輝石のベルトであれば、雷の特技の攻撃ダメージ+10.0%が付いていて、ついでにMP消費しない率や最大MP+なんかがついておれば嬉しい。直接攻撃はせぬため、「ゾンビ系や獣系にダメージ」は必要ない。

 札アクセは、最大MPを稼ぐのと、少しでもすばやく動いてほしいので、すばやさを付けて、あとはかいしん率を上げたいのできようさを付けることにするのである。
 
 他アクセは、キメラの時とは逆に、狙われにくくするまよけのすずを装備させる。なるべくキラーパンサーを生かし、ダメージを与え続けられるようにする作戦である。
 
 証アクセは、絆時に聖女の守り絆時まもりのきりを付けた絆のエンブレム改で生存率を高めるのである。

最大HPについて

 HPに関しては、あまり高すぎない方が良いと考えておる。
 聖女の守りは、HPが最大HPの半分未満だと効力を発揮しない。最大HPが高いと「最大HPの半分」も高くなってしまう。あまり高すぎると、ザオラルで生き返った後、僧侶のベホマラー一回で、最大HPの半分に届かなくなってしまう。
 キラーパンサーのレベルを50+10まで上げれば、HPは400台前半くらいにはなるため、それだけで十分である。

最大MPについて

 すぐにMPが尽きてしまう。そのためMPを回復しないといけないわけであるが、その時に最大までMPを回復してくれるエルフの飲み薬を使うとしたら、最大MPが高い方が使う回数が少なくて済む。アイテムを使う回数が少なければ、その分、ほかの行動ができるわけであるから、安定した戦いにつながる。これはキメラの装備の時と全く同じ話である。よって、そのままコピペしただけである。

上を見ると限りがないもの

 身かわし率、MP消費しない率、かいしん率、最大MP+は高ければ高いほど良いのは決まっておるのであるが、それらが高値のものは入手が困難である。そこそこで妥協するのである。

最後に

 とにかく、死なずにいなずまをひたすら使って、ダメージを与え続けてもらわなくてはならない。
 その為に、身こわし率を上げる、すばやさを上げる、かいしん率を上げる。
 プレイヤーも攻撃や蘇生をし続けたいため、MP回復薬を使う回数をなるべく減らしたい。その為に最大MPを上げる。
 可能な限り上げたいであるが、金も時間も豊富にある方ではないため、最初はそこそこで妥協し、勝てなかったら強化できそうな所から少しずつ強化していくのである。
 勝つことよりも勝つための準備こそがRPGの醍醐味である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。